ホーイ!サボテン 緑の光 バントラインと僕を照らしていて
 ■Recent Entory
 admin

 ■Category
 ■Flickr
www.flickr.com
taiko McCaw's items Go to taiko McCaw's photostream
 ■Achive
 ■Links

ついったー

 ■Profile
 ■RSS
 ■Ranking
SecondLifeっていう仮想空間の事を書いているように見せかけて、ただの日記。
脳内ストリップショー。別名チラ裏。

お店ブログ→波野家
■庭には花 その先は言わないで
2015.08.25 Tuesday
あなたの気持ちが読みきれないもどかしさ
だからときめくの
愛の告白をしたら最後その途端終わりが見える

(14番目の月 / 荒井由実)


 「庭には花」、ずっと何かよくわからない英語だと思っていました。10代の頃の話です。
普段ポップとはちょっと遠い曲ばかり聞いていますが、ユーミン歴はとっても長いです。完全に母の影響です。小学校の頃から、好きな歌手はユーミンとか言ってたどうしようもない子どもでした。

 当然歌の意味なんてまったくわかってなかったんですけれどもね。
 ユーミンのなかでもこの曲は若い。もういい歳なので、欠けようが満ちようが何回繰り返していけるような恋愛のほうがいいだろうと思っています。ときめきより安心感や安定感が大事。
ときめきには鮮度がありますが、安心感や安定感はその先に行かないと得られないものですしね。


 ごきげんよう、たいこです。


 この週末は、24時間テレビと長渕のオールナイトライブの情報とが交互に絶え間なく耳や目から入り込んできて、なんだか疲れました。この2つ、やってることは全然違うんだけれど私の中では同じカラーに見えていて、なんだかそのカラーが精神を地味に攻撃してきていたよ。
 自分一人ならば、ほとんどテレビはつけないのですけれど、今年は娘がなんとなく積極的に24時間テレビを見ていました。チャリティは素晴らしいことだと思うのですが、チャリティのあり方をそろそろ変えていく方がいいんじゃないかなあ。。。と感じたり。だって私が小学生の頃から同じことしてる気がするしね。
 
 長渕剛はこれもまた母が好きで、ある時期の曲はほとんど歌えます。母の影響です。彼女はビデオ屋でライブビデオを借りてきては家で鑑賞し、CDを借りてきてはテープに録音して、ヘッドホンをつけてひたすら歌い、練習しておりました。長渕を見るとその頃の事を思い出します。ヘッドホンつけながらうろ覚えの歌を歌うと、音程も声量もめちゃくちゃですごいことになるんだなって学んだのもこの頃です。
 母はユーミンや長渕の他にはサザンをよく聴いていましたが、私が影響を受けてハマったのはユーミンだけでした。弟はサザンに引っかかってハマったようです。

 その昔、母から「私が好きになったものをあんたは皆横取りする」と言われたことがあるのですが、横取り……なんだろうか。チャゲアスも10代の頃よく聴いていて、母も好きだったようで前出のセリフが出たのですが、私はチャゲアスは友達の影響で聴き始めたのでした。チャゲアスは何度かコンサートにも行っています。アスカ……。ちなみに私はチャゲファンでした。

 小中学生の頃からユーミンを聞き、ソラで歌える曲もたくさんありますが、本当にユーミンの曲の意味を理解し始めたのは二十歳になるかならないかの頃だったんじゃないかなと思います。さらに歳をとってから、荒井由実時代の曲の歌詞に惚れたのでした。こんなふうに言葉を使えるなんてすごい!と。

 なんとなくそんなことを思い出しながら、久しぶりにユーミンを垂れ流しているのですが、ユーミン流し始めるとつい歌ってしまうんだよな。。。




 SL方面の話。
 怒涛の勢いでイベントをこなして、気づけば8月も終わりだよ!ということで、8月最後に参加したイベントも週末にオープンしました。夏も終わった。とはいえ、次のイベントは9月3日からなので、全然ゆっくりする余裕はない……はずなのですが。お盆休みに色々頑張ったので、今は若干の余裕があります。
 ここ何ヶ月、枯れ果てていた物欲・買い物欲、SS撮る遊び熱がぶわっと燃え上がって、買ったり撮ったりが楽しくて仕方ないです。自分の商品のポップ画像はすごく大変なのに、きせかえSSはとっても楽しい。なぜだ。

 9月はガチャのイベントがほとんどないので、それも今こうして余裕かましている理由だったりします。お花いっぱいつくるよ!
 なんだか1年中彼岸花に触れている気がする私ですが、9月こそ彼岸花の季節です。彼岸花も作りました。やっぱり好きな花を作っているとテンションが上がりますねw




 色々と待ちに待っていた9月なのですけれど、もう少し時間がかかるのかなー。と思ったり、考えたり。
 昔は自分の人生に残されているであろう時間と、誰かと過ごす、残り時間と、そんなことを考えて余裕をなくしたりしたものです。当時の自分は焦っているという自覚はありませんでしたけれど。今思い返すとあれは焦っていた、と思う。焦るとろくな事にならないのは、その当時の自分もよくわかっていたのです。けれど焦ってしまう。
 今はその辺のコントロールがすごく上手になったなと実感しています。あの頃から考えると確実に残り時間は減っているのにね。不思議なものです。はやくあいたいなーとか楽しみだなーとかそういう気持ちを頑張らなくても楽しめるようになったんだなあ。知らない間に成長してるもんだなと、自分のことなのにヒトゴトのように感じるわけです。
 14番目の月じゃなくなってるんだよね。月は1ヶ月でぐるぐるしますし、せわしないのです。木星くらいのゆっくりさでちょうどいいのかもしれません。

blogramランキング
0