ホーイ!サボテン 緑の光 バントラインと僕を照らしていて
 ■Recent Entory
 admin

 ■Category
 ■Flickr
www.flickr.com
taiko McCaw's items Go to taiko McCaw's photostream
 ■Achive
 ■Links

ついったー

 ■Profile
 ■RSS
 ■Ranking
SecondLifeっていう仮想空間の事を書いているように見せかけて、ただの日記。
脳内ストリップショー。別名チラ裏。

お店ブログ→波野家
■父ちゃんのためなら エンヤコラ
2015.06.18 Thursday
今も聞こえる ヨイトマケの唄
今も聞こえる あの子守唄
父ちゃんのためなら エンヤコラ
子どものためなら エンヤコラ

(ヨイトマケの唄 / 美輪明宏)


 一時期は毎月のように行っていたお芝居ですが、最近は厳選して厳選して年に3,4回に収まるようにしています。どうしても観たい!というものだけ劇場に行くようにしています。で、今日はその「どうしても」なお芝居の日でした。
日本総合悲劇協会Vol.5『不倫探偵〜最期の過ち〜』を観てまいりました。冒頭の曲は、これをかなり大幅にアレンジしたものを美輪様にうっすら真似て劇中で歌っていたから。ちなみに赤井英和について歌い上げていました。ずるい。

【作・演出】
天久聖一 松尾スズキ
【出演】
松尾スズキ 片桐はいり 二階堂ふみ 伊勢志摩 皆川猿時 村杉蝉之介 近藤公園 平岩紙

という、大体大人計画って感じのお芝居。ただ大人計画の目立つ俳優さんたち(阿部サダヲとかクドカンとか)は今回出ていないので、おそらくチケットはいつもより取りやすかったのかなと思います。チケットの取れない事を考えて、最初から平日マチネ狙いでチケットを取ったのですが、ここ何年かで一番よいお席でした。やったー!

 DVDやら劇場中継やらで片桐はいりの演技は何度となく観ているのですが、実は生はいりは今回が初めて。もう、それが楽しみで楽しみで、わくわくしていたのですが、期待以上にはいりさんが素敵でした。いい女優さんだなあ。。。主演は松尾スズキ。松尾スズキが主演!っていうお芝居も初めて観た気がしていて、私はもう大満足でございました。松尾スズキはエッセイも面白いし脚本も好きだし演出も好きだけれど、俳優はまたひと味違った良さがあります。松尾スズキにしかできない演技をする。主に動きとか。
 今回は主演でほぼ出ずっぱり、松尾さんの演技をこれでもかというほど堪能できて私はとても幸せでした。席もよかったし!

 開演前の案内アナウンスも松尾さんがやっていて、芝居が始まる前からシモネタ全開。もちろん本編もシモネタ全開。細かいネタやギャグも全体的にぶわぁぁぁっと散りばめられていたのですが、本筋が疎かになることなく、きちんとお話を追いかけられる。お話も粗末じゃない。謎解きもあるし、大人計画らしい閉塞感もある。
 けれど他の松尾作品の閉塞感とは少し違って、どこかカラっとしているし、救いもある。どん底で押し寄せる不幸を笑い話にして生きる、という感じでもなかった気がします。
 あとは、二階堂ふみがすごく可愛かった。平岩紙はますますすごくなっていた。あのままほんわかした凄みを増していってほしいなと思いました。

 舞台を観に行くと、やっぱり舞台はいいなーと思うのです。特に大人計画は電波に乗ると放送出来ないピー音がたくさんになるのと、今だから面白い時事ネタが盛りだくさんなのとで、ナマモノならではの良さがあると思うのです。ナマモノだから、コストもかかるしチケットが高いのも理解するのですが、やっぱり頻繁には観に行けないジレンマ。私は都市部に住んでいるから本当に恵まれていて、気軽に芝居見に行けるけれど、ナマモノには全国どこでも観れないというジレンマもあります。はー。思う存分芝居を観たい。世の中には面白そうな演劇が溢れかえっている。その中で「本当に見てよかった」と思える作品に出会えるのは、本当に幸せなことだ。




 彼氏の人は現在お仕事繁忙期。なかなかINして会える時間がないのですが、たまにゆっくり過ごす時が何より楽しい……という状況です。SL繁忙期なので、やることも山のようにあって、一人でいる時間が手持ち無沙汰…とか言ってる暇もないのですが、一緒にいる時間が燃料になっているし、ものを作る段階でも、作ったあとでも、相談したり報告したりすることが大きなモチベーションになってるなあと実感したりするのでした。
 いないと困るからなくす不安も大きいですが、そういうふうに思えることはいいことなのだろう。

 

blogramランキング
0