ホーイ!サボテン 緑の光 バントラインと僕を照らしていて
 ■Recent Entory
 admin

 ■Category
 ■Flickr
www.flickr.com
taiko McCaw's items Go to taiko McCaw's photostream
 ■Achive
 ■Links

ついったー

 ■Profile
 ■RSS
 ■Ranking
SecondLifeっていう仮想空間の事を書いているように見せかけて、ただの日記。
脳内ストリップショー。別名チラ裏。

お店ブログ→波野家
■今になってあのときのあの人の気持ちがわかるから 後になって今の君の気持をわかることにするよ
2015.05.07 Thursday
君を許してあげるよ
君を許してあげるよ
君を許してあげるよ
僕のために

(学習 / たま)


 歌詞全部載せられるくらい短い曲なのですが、すごくよくわかるなあ。。。としみじみ聴く曲です。自分のために相手を許すっていう感覚を覚えると少し大人になるのかな、という気がします。許さない!というモチベーションを保ち続けることはすごく精神力を使うのですよね。精神力を使うのに精神衛生に良くない。いいことがない。されたことの事を考えると心がざわざわするし、そこからまた暗いパワーが蘇って来たりもするのですけれど、そういうパワーに翻弄されている自分自身はなんだか醜い。醜いし嫌なことをされた、そのことに囚われ続けている感じがして、それもすごく嫌だ。そのために楽しいことたくさん手放してしまう気がするのですよね。もちろん、これはひとつの考え方にすぎないので、許せないということを否定するわけではないです。ただ、許せないという状況から抜け出せないことは、すごくすごく辛くてしんどい事だと思います。
 私の子どもたち、3人とも思春期を迎えまして、そのうち2人は10代も後半になりました。この年代の頃は許せないものは許せないし、その怒りに向けるパワーも相当なものです。そうやってあちこちでぶつかって痛い思いをして、どんどん角が取れていくんだろうなあ、、、と思いつつもハラハラして眺めていることが多いです。
 長男は去年の夏から私の母と絶縁状態にあります。長男からすれば許せなくて当然とも思いますし、母親としては長男の側に立っていることは間違いない。次男もこの件に関しては完全に長男寄りの立場です。それでも私は、いずれ穏やかに話し合えるような間柄になるだろうなと思っていますし、この事を乗り越えると長男は少し成長するのだろうなと思っています。許すまじ!と頑なになっていると、自分自身のことも見えなくなってしまいます。許してみよう、と相手の立場や気持ちに少し沿ってみようとすると、相手のことも自分のことも色々と見えてくると思うのですね。そしてそうするには、まず、自分が被害者だという意識を取り外して考えることが必要です。誰が被害者で誰が加害者なのか。人間関係のすれ違いのなかには、この2つは明確に分けられないことのほうが多いです。どちらの視点に寄り添うかによって、解釈はまるで変わって来てしまいますし。他人に優しくするということは、自分に優しくするということと同じなんだよなあ……。という、このあたりの繊細なところを長男がいつか理解してくれるといいなあ。と思っています。
 一方の母ですが、60を超えた人間の意識を変えるのは、本人にとっても周囲にとっても至難の業なので、もう仕方がない。ただ、腹を立てながら喧嘩もしながら、そういう母と付き合っている私や次男のことを客観的に見て、長男が自分の糧にしてくれるといい。
 冷たいなあ、と自分で思うこともありますが。仕方ないのです。優先順位をつけるなら、迷うことなく我が子>>>母なのです。


 ごきげんよう、たいこです。


 GWも明日で最後。もう今日か。連休最後の夜更かしです。この連休、前半はひたすら花とカラスの羽や骨をつくり、後半はひたすらシナリオを書く、、、というある意味全然休んでいない感じのお休みでした。まあまだシナリオは終わってないんだけれども。明日にはほぼ最後までいける、というくらいにしておかないと、自分で自分の首を締める事になりそうなので明日はビューンとスパートかけて書き続けようと思います。
 
 We <3 RPというイベントがありまして。その名の通り、ファンタジーとかロールプレイとか、そっちに特化したイベントです。もともと和物を作っていたりホラーに片足突っ込んでいたりでファンタジーと親和性の高い波野家。さらに毎年4〜5月にはファンタジーフェアがあったりするので、必然的に私の脳内もファンタジー寄りになります。で、去年からこのWe <3 RPに出てみたいなあ。。と思っていまして。1年越しで望みが叶いました。今月4日からの5月ラウンドに波野家初登場いたしました。やあ、楽しいですね。何をつくろうかといろいろ考えましたが、5月という季節で作るものはすぐに決まりました。ツツジ!ツツジはなかなかわくわくする花です。私の中では。

 春が大好きな私にとって、春へのカウントダウンは2月ごろに咲く梅や水仙からはじまります。毎日毎日寒くて泣きそうだけど、梅咲いてるし。もうすぐ冬終わるよ!水仙も咲いたよ!いいにおいだよ!というところから、ふわぁーっと暖かくなって一斉にソメイヨシノが咲いて、パァァっと散ります。桜のタイミングもまた素晴らしい(これは東京あたりに限った話かもしれませんが)。卒業式の頃にはまだツボミなソメイヨシノは、入学式の頃には散ってしまっていることも少なくありません。ソメイヨシノを眺めていると、意味もなくふわふわした気分になるのですが、春休みの宙ぶらりんな時期に、次の生活への思いを馳せるきっかけになる花です。ソメイヨシノとリレーするように八重桜が咲き、これが散るころにツツジが咲き始めます。ツツジは新学期が始まって、バタバタと新しい暮らしを始めるべく、腰を落ち着け始めたあたりで咲きます。新品のランドセルの革の匂いだとか、真新しい学用品たちとか。学校帰りには必ず見かけるツツジの花。花を摘んで蜜を吸ったり、もう少し後になって出来た黒い種をもらってきて、すりつぶして遊んだり。とにかくものすごく身近な花です。

 アクセサリに仕上げる段階で、配置諸々に悩んでいたら、シャクナゲみたいにしたら?とアスランが助言をしてくれました。ありがたくそのアイデアを頂いて、自分で言うのもなんですがかわいいのが出来た!
 もう一つの春の花はマーガレット。この花もわりとよく見かける花です。これはもう、絶対乙女乙女したものにしよう!と決めて最初からそのつもりだったので、あまり困ることもなくさくさくと仕上げることが出来ました。これもまた自分で言うのもアレですが、可愛く出来た。よかった。
 一番難産だったのはカラス。これはFantasy Gacha Carnivalで出すアイテムですが、ゴスとかエルフとか、一体何をつくりましょう!っていうテーマだったのが一番の敗因だったと思う。テーマも作るものも二転三転しましたが、結果的にそこそこいい感じになってよかったです。
 ここのところひきこもりっぱなしで、作るペースもあがっている気がするんだけどなんでこんなに余裕がないんだろう。。。

 


 RLのこと。4日に引っ越した母と弟の家を訪ねました。4月の終わり頃から2人で暮らしています。新築の建売を買ったので、引っ越し&なんちゃって新築祝いも兼ねて。外に金木犀を植えたいとのことで、おそらく今日、お祝いがわりの金木犀が母の家に届いたことでしょう。しかし、今までずっと昭和30年代的な家にしか住んだことのない私は、(元々の実家も古い。今の家も古い。)平成のお家のつくりに感動することしきり。いいなあ、、、新しい家。
同じ日に妹一家も遊びに来ていて、みんなでわいわいと楽しく過ごしました。ただし長男は抜きで。長男はまだ、母と顔を合わせる気になれないようです。しかし私達が遊びに行くことに何か思うところがあるという感じでもないです。これは性格なので、諸々仕方のないことではありますが、会わない時間が長くなればなるほど、顔を合わせるハードルが上がるものとも思います。でも、時間が解決するしかないんだよなぁ。。。
 幸いみんな物分りの良いオトナなので、そのあたりは生暖かく見守っています。私と私の兄弟、私の子どもたちの兄弟関係を見ていると、兄弟がいてよかったなと思う事が増えてきました。普段喧嘩ばかりしていても、疎遠になっていても、いざというときにフォローしてくれる兄弟の存在はありがたいなと。
 血が繋がっていようがいまいが、親戚・家族レベルの濃い付き合いをする上では、大なり小なり我慢したりおとなになったりしなければいけないことは多いですね。人と人が密接につながると必ず面倒なことが起きる。しかしそれは、人にとっては必要な面倒臭さなのかな。と。

 5日にはみんなで柏餅を。餅美味しいよ餅。最近あんこが美味しくて仕方ありません。よもぎ餅最高。こういう行事も無理の無い程度には乗って行きたいですね。こういうのを面倒だとかで無視しはじめると、一気に暮らしが味気なくなる気がしますよ。
 
 あとはグーグルプレイで無料レンタルしたベイマックスを観ました。物語もすごく良かったし、何より映像がすごく素敵だった。あの街並みは何度でも眺めたい。そんなわけで一気にDVDを買う方向に気持ちが傾いています。
ジブリと違ってディズニーのDVDは、結構お求めやすい価格に下がってくれるんだよね。。。w

 明日(っていうか今日)から仕事なんて考えたくもない。しかし2日行けばまた週末がやってくる……!
 はー。なんか1週間位温泉とかでのんびりしたいな。夢のまた夢だな。

 

blogramランキング
0