ホーイ!サボテン 緑の光 バントラインと僕を照らしていて
 ■Recent Entory
 admin

 ■Category
 ■Flickr
www.flickr.com
taiko McCaw's items Go to taiko McCaw's photostream
 ■Achive
 ■Links

ついったー

 ■Profile
 ■RSS
 ■Ranking
SecondLifeっていう仮想空間の事を書いているように見せかけて、ただの日記。
脳内ストリップショー。別名チラ裏。

お店ブログ→波野家
■ドラゴンナイト 今宵、僕たちは友達のように歌うだろう
2015.03.30 Monday
今宵は百万年に一度太陽が沈んで夜が訪れる日
終わりの来ないような戦いも今宵は休戦して祝杯をあげる

人はそれぞれ「正義」があって、争い合うのは仕方ないのかも知れない
だけど僕の嫌いな「彼」も彼なりの理由があるとおもうんだ

ドラゴンナイト 今宵、僕たちは友達のように歌うだろう
ムーンライト、スターリースカイ、ファイアーバード
今宵、僕たちは友達のように踊るんだ

(Dragon Night / SEKAI NO OWARI)


 次男(15)と長女(12)が毎日のように歌っています。おおなんだかちょっと懐かしい気がするメロディだわって思ったのは私だけでしょうか。中学生から大人気と知り合いから聞きました。我が家では次男と娘が大体いつでも歌っているので、実際の曲は聞いたことがないが彼らの歌で知っている……というような曲がいくつもあります。当然タイトルも知らない。

 今日、娘が出してきた洗濯物の中に、なんとサイズ95のロンTが。君はこの服を一体何年どこに寝かせていたのか。95ってのは3歳児サイズです。でも大体2歳くらいの子が着ている気がします。当然肩のところにスナップボタンがついています。懐かしすぎて一瞬捨てるの躊躇しちゃったよ。もううちではキッズサイズ、ジュニアサイズを買うことはないです。兄2人はちびっこなのだけれど、なぜか娘だけでかい。横にも縦にも。お兄ちゃんたちの中学入学の時に買ったYシャツのサイズは150。体操着はすべてSサイズ。娘の制服は165。体操着はLサイズ。なんかちょっとひっくり返ってたらみんな幸せだったと思う。娘も特別大きいわけではないけれど、おそらく今年中に私は身長を抜かれてしまうなあ。

 95のお洋服は、毎日毎日当たり前に子どもたちの服を眺めて暮らしてきて、ちょっと小さくなれば捨てて毎年1〜2サイズ大きい服を買い足して……とやっていた私に「もう子どもたちはこんなに大きくなったよ」って言ってるみたいでした。出てきた服の色やデザインを観ても、これは間違いなくお兄ちゃんの時に買ったもの。おそらくイオンとかヨーカドーで、380円とかで買ったやつです。あの子たちが幼児だった頃、離婚した直後くらいは子供の世話、家事、仕事がまったくおっつかず、洗濯物もおっつかないので無駄に服が増えていた気がします。数を買うので当然値段は抑えに抑えて季節外れのワゴンセールは宝の山って感じだったなあ、、、と、ものすごいびんぼくさいことも思い出してしまいました。あの頃の私には10年後の自分なんて想像もつかなかったし、10年後の子どもたちも想像なんて出来なかった。まさか各自スマホにイヤホンで好きな歌を熱唱するようになるとはね。。。w
 私の子供の頃とは違って、お金をためてCDを買うみたいな事とは無縁になっている気がする子どもたちの音楽事情。時代ですかねえ。私の10代の頃の憧れは、ウォークマン→CDウォークマン→MDウォークマンでしたし、ポケベルが欲しくて仕方がなかったりしたけれど、今は全部スマホで事足りる。なんならテレビだって動画だって見れる。そう考えると未来だわぁ、とか思うのでした。

 あっっっというまに3月が終わります。桜もいつのまにやら満開で、いつ桜を眺めに行こうかなーと思っています。近所にきれいな桜並木があるんだよね。桜はやっぱり桜並木で見るのが一番いいし、満開のちょっと後、桜吹雪がぶわぁぁぁぁぁっと散るころに散策するのがよい。桜吹雪とともに私のテンションもモチベーションも急上昇。ソメイヨシノに関しては、江戸時代の日本人GJって本気で思う。山桜も八重桜も綺麗ですが、ソメイヨシノのドラマチックさには勝てない。しかもソメイヨシノは咲くためだけにある木ですし。自分で自分を増やすことが出来ない。挿し木やら何やらでよくもまああんなに増えたものだと。本当に。
 これからGWくらいまで、私のテンションは上がりっぱなしになるわけですが、浮かれてばかりいないでやるべきこともやっていかないとねーと思っています。

 まずはSLのお仕事お仕事。なんだか忙しいスケジュールですけれど、現実逃避しっぱなしの私としてはあんまり苦痛もないのですよね。SLで作るものはただのデジタルデータだけれど、デジタルデータだからこそ作れる・表現出来るものってのはあるわけで、こんなに楽しいことはない。

blogramランキング
0