ホーイ!サボテン 緑の光 バントラインと僕を照らしていて
 ■Recent Entory
 admin

 ■Category
 ■Flickr
www.flickr.com
taiko McCaw's items Go to taiko McCaw's photostream
 ■Achive
 ■Links

ついったー

 ■Profile
 ■RSS
 ■Ranking
SecondLifeっていう仮想空間の事を書いているように見せかけて、ただの日記。
脳内ストリップショー。別名チラ裏。

お店ブログ→波野家
■ぼくらの眠る時刻いつのまにか過ぎてる きっとぜんまい巻のアルバイト達足りないよ
2015.01.27 Tuesday
ぼくらのすてきなみかん箱 鏡の割れた宝石箱
ぼくらの眠る時刻 いつのまにか過ぎてる
きっとぜんまい巻のアルバイト達足りないよ
時計台の下まで 草の中を歩こう
かたつむりを踏まないように慎重に歩こう

(金魚鉢 / たま)


 たまを聴くとキュっとなります。寂しい曲いっぱい。あとアンニュイな曲いっぱい。知久さんの作る歌は大体底冷えがする。喪失感が

 ぼけぼけっとしているうちに26日になってしまいました。1月もあとすこしでおしまいです。毎年「ああこのペースで1年はあっという間に過ぎていくのだな」と思っているのですが、本当にあっという間にすぎてってしまう。年々早く感じるのは、自分が年食ってる証拠なのでしょう。私も3月には大台一歩手前でございます。まだぎりぎり30代。

 今日は次男のお誕生日でした。あの子は生まれた時からずっと、少し変わった子供でした。歯の生え方も上の前歯の両脇からだったし(普通は下の前2本から生える)、1歳すぎからすでにスプーンもフォークも左で使っていたし、4歳ごろには「ぼくの家」という妄想を膨らませすぎて、「タクシーにのって僕の家に行く!」といって聞かなかったり。今もいい感じに変わった子の風情は残っていますが、3人兄弟の中で一番集団の中で上手に振る舞える子でもあるので、学校ではムードメーカーになっています。悔しいけれどあいつは面白い。そんな次男が今日で15歳。そら自分もいい歳なわけだ、と思うわけです。ちなみに次男を産んだ時、私はぎりぎり23歳でした。
 赤ん坊と中学生はだいぶ違いますが、育てている側からすればいつの間にかに大きくなっているのです。当然ですが。ただただこのでっかくなりようにがくぜんとするばかりですが、それより何より彼はもうすぐ受験なわけで、私はそっちの心配のほうが大きいです。はぁ。うまいこといきますように。

 SLの話。今日はなんだかすごく褒められました。褒められすぎてどうしよう!!!っていうくらい褒められました。それも自分が昔からちょいちょい眺めているお店のクリエイターさんに。もう、全然足元にも及びません!褒めすぎだよ!っていうくらい褒められました。なんかもう、自分の英語の語彙の少なさが本当に悔しいですね。学生時代から単語は苦手でしたが、単語がわからないと言葉なんて操れないのです。雰囲気英会話には限度がある。結局気の利いたことも言えず、さんきゅーさんきゅーで終わってしまってちょっと自分が不甲斐ないです。しかし、2009年ごろの作品から気に入ってくれているとは。。。SLでものを作っていてよかったなあ、と思うのは、こういう時だなあとしみじみとしてしまいました。
 褒められた事も当然嬉しいけれど、自分がいいと思って作ったものに共感してくれる人がいるってすごく嬉しいし楽しい。私の作るものはどれもこれも私らしいとはよく言われます、、、が、自分ではその辺り、まったく自覚がなくて。好きなモノを好きなように、その時の気分で作っている部分が多いので、そこに統一感が生まれるなんて考えたこともなかったのです。何年か前までは。最近、いろいろな人のアイテムをじっくり見ていてその辺が理解できるようになりました。やはり自分の好きなものや事は作ったものに出てくるし、それを消してしまうとそれは作業になってしまう気がします。
 SL隙間産業とか自称しつつ、6年くらいお店をやっていますが、実は隙間なんてことも考えたことがないという。今のSLのトレンドとかも全然考えたことがありません。品物は売れたらすごく嬉しいけれど、売上を上げるためにお店を作っているのでもないです。これだけ長いこと店をやっているのに、お店のことがよくわかっていません。自分の趣味嗜好がニッチな方向を向いていることもうすうす自覚しています。 なので、それでも惹かれて商品を買って、使ってくれている人たちには本当に感謝でいっぱいなのです。

 当然、いつもとなりにいて、色々と助けてくれるパートナーの人にも感謝感謝。今で以上によろしくお願いしたいと思う。


blogramランキング
0