ホーイ!サボテン 緑の光 バントラインと僕を照らしていて
 ■Recent Entory
 admin

 ■Category
 ■Flickr
www.flickr.com
taiko McCaw's items Go to taiko McCaw's photostream
 ■Achive
 ■Links

ついったー

 ■Profile
 ■RSS
 ■Ranking
SecondLifeっていう仮想空間の事を書いているように見せかけて、ただの日記。
脳内ストリップショー。別名チラ裏。

お店ブログ→波野家
■降りそそげ 桜降り積もれ 降りしきれ 桜の雨
2014.12.11 Thursday
桜雨 罪流して
与えてくれ 邂逅の奇跡
もういいじゃないか 憎しみも愛情も
同じ事さ 同じ色さ

(桜の雨 / 特撮)


 季節がだいぶ違いますが。寒くなって来てすでに桜の季節が恋しくなっています。私にとって冬は、ただただひたすら春を待ち続ける季節だったりします。冬には冬の良さも当然あるのですけれど、どうしても寂しさとか孤独がついて回ってしまっていけない。あと、寒いと普段に増して自分の殻に閉じこもりがちになりますね。純粋に寒いから動きたくないだけとも言う。

 ごきげんよう、たいこです。

 本当に急に冬が本気出したじゃないのー!というくらい寒いですが、急に寒くなると毎朝「会社行きたくない」病気と対峙せねばならぬのです。ここで負けると1月にお金がない!という恐ろしい事態になるのでまけるわけには行かないのです。今日もそんな感じで必死になって出勤してきました。がんばれ。あと2日で週末が待っている。
 普段この時期は大抵仕事がなくて暇なのですが、さすが師走……というか会社的に上期が締まったばかりなので、ふんわりと忙しい。軽めの依頼がたくさん!という状態で、ただただひたすらエクセルを動かす人になっています。会社では上司が、部下の電話の出方の真似をするという遊びにはまっていて大変です。誰かが電話に出ると、必ず直後に真似をします。まるでインコのよう。またこのモノマネが微妙に似てない。絶妙な似てなさ加減が素晴らしい。笑いを堪えるのが大変です。まあ、笑ってしまっていますが。




 SLの話。怒涛の勢いで物を作り続けています。11月からの流れは、義務感よりもやりたい作りたいな気持ちで作っているので、結構たくさん作っているわりには元気です。我ながら、近年まれに見る優等生っぷり。着物市も99%の準備が終わっている。まだ開催まで5日もあるのに!まだ何かつくろうとさえしている。完全に脳みそが年末脳に入りかけています。正月が来るー年末だーきゃー!っていうやつです。私はなぜだかクリスマス<<<<<<お正月の勢いでお正月が好きです。特に何かするわけじゃないんだけれど、お正月にだらだらと時間を過ごし、けれどいつもより世の中が少しだけクリアにみえる感じが好きです。あのキラキラっとした感じ。ああー1年始まるなあって感じがするのです。
 そんなわけで、年末になると途端にごきげんになる私です。長い冬休みもあるしね!

 年末年始のテンションとは別に、今年は強力な助っ人がいつでもそばにいてくれます。常に次のアイデアを考えていて、惜しみなくそのアイデアを語って聞かせてくれる人。忌憚ない意見を行ってくれる人。この1ヶ月、すごいスピードであれこれ作れたのは、この人の存在がすごく大きい。本当に感謝しています。支えて案じてくれている人のいることは、本当に尊い事だと思います。心配しあって励まし合って、頼りあいつつ自分一人で立っている。寄りかかるのではなく、手を貸しあうような。まだまだ至らないですけれど、これからももっともっとお互い精進して、いい感じになれるといいなあと思うのでした。




 今年の自分を振り返ってみて思うことは、案外自分、成長してるんだなっていうこと。ナチュラルに自分の考え方や感じ方が変わっていることに気づいて、少し嬉しくなったり。ああ、おとなになってるんだなあ(とっくに大人だけどさ)、と実感することがここのところ多いです。とても喜ばしい。なにより、パートナーの人と積み上げてきたあれやこれやのおかげでレベルが上がったことも多くって、その辺はちょこっとだけ自覚もあったりで頭があがりません。




 私達は、どうしたって自分以外の人たちと関わっていきていかねばなりません。私が誰かを気に入ったり好きになる時に、決め手にしているのは、その人の言動によりも、その奥やら先にある、その言動に込められた気持ちです。同じ一つの言葉でも、その背景にあるものが悪意であるならば、私は消耗する。善意であるなら、私は癒される。

 そんなこんなで、なんだかんだ充実した日々を送っています。
本当に、こんなに穏やかに幸せになってしまっていいんだろうか、と思う日もありますが、まあよいのでしょう。年の瀬になるにつれ、こういう振り返り記事は多くなるんだろうなあ……などと思いつつ、強引に〆。

blogramランキング
0