ホーイ!サボテン 緑の光 バントラインと僕を照らしていて
 ■Recent Entory
 admin

 ■Category
 ■Flickr
www.flickr.com
taiko McCaw's items Go to taiko McCaw's photostream
 ■Achive
 ■Links

ついったー

 ■Profile
 ■RSS
 ■Ranking
SecondLifeっていう仮想空間の事を書いているように見せかけて、ただの日記。
脳内ストリップショー。別名チラ裏。

お店ブログ→波野家
■中也の詩集をあげよう ポケットに偶然入ってたんだ 用意したんじゃないぜ
2014.11.28 Friday
いつかある日目覚めて誰もいなくて一人っきり
そんな時があったら呼んでくれたっていい

「大丈夫だよ」と、前を向いて歩きだす君呼び止め 今
中也の詩集をあげよう 本当は用意しておいたんだ

(じゃあな / 特撮)


オーケンといえば中也と乱歩。で、これは中也。
といっても私は有名ないくつかしか知らないんですけれどね。中也の詩。


ごきげんよう、たいこです。

 記念日のことを考えていて、そういえば私達の記念日はいつだったっけ?と、昨日パートナーの人と話しながら記憶をたどりつつ、その頃のSSや記事を眺めておりました。結局はっきりいつだか分からないままだったのですけれども……(笑)実に自分に都合よく、周囲とのめぐり合わせをつなぎあわせて「縁があったんだわ」と思うことは私の得意技ですが(こういうのを運命って言うんだと思う。運命は自分で作るものなのです)、そういえばこの頃もそんな事を思うような出来事があったなあ、、、なんて懐かしく思いながら。そして、パートナーの人のペースに合わせようって最初から決めて付き合い始めたってことを改めて確認したりしたのでした。

 それでもですね、実はひとつだけ、最初の頃からの気がかりがありました。タイミングと自分の気持ちとを図りつつ、いつ聞こうか……と考えていたんだけれども、それをこの間、聞いてみました。
 いい予感っていうのは、そこに希望が込められている分、持ち続けていると苦しいので、いつでも心のなかでは最悪を想定しています。今回のことは、自分の心のおきどころを決めるためにもとても大切な事で、これ以上引き伸ばしても自分にとってはいい事がないなと思っていました。彼の話を聞いていて、本当に、すごくきちんと考えてくれていたことに感動したのでした。

 わたくし、自分で自分にはめていた枷を外した開放感でいっぱいです。すっきり。大切なことほどなかなか口に出して言えない。どうでもいいことは気軽に言えるのに。でも言ってよかった。わーい。




 自分のために何をしてくれるかということはとても大事な事だと思います。しかし私にとって、それ以上に大切なのは、相手が自分に対してどのように向き合ってくれているかって事。私のパートナーの人は、おそらくすごく頑張っているしすごく真摯に私と向き合ってくれています。本当にありがたい。私は、これほどまでに考え方の違う人と付き合ったのは多分初めてなのだけれど、その中でこんなに丁寧に関係を築き続けていけるのは、パートナーの人のその真摯さと一生懸命さのおかげに他ならない。

 本来、気持ちを相手に伝えるということは、本当にすごく大変で難しいことです。けれど私達は、そのことをうっかり忘れがちです。そして手を抜く。そのうえで通じた気、わかってもらえている気になっていると、いずれ関係はこわれてしまう。私は今、パートナーの人とのお付き合いの中で、改めて学ぶことや新たに発見することがとっても多い。38歳にもなって、こんなにもまだ学ぶことがあること、そういう発見があることは本当に幸せだなあと思うのです。




 幕末SIMが1月で閉鎖になります。7年。長い。歴史が長い。私の本格的なSL生活は幕末から始まったようなもので、それからずーっと幕末のお世話になっています。主な生息地が別のところに移っても、やっぱり幕末は自分のホームタウンな気分でいました。2007年当時からずっとSLを続けている人は本当に少なくなりましたし、7年間続けてコンスタントにログインしている人なんて本当に微々たるものなのかなという気はします。なので幕末というSIMも、外見も中身も7年の間に本当に色々変わっていったきがする。幕末SIM閉鎖をうけて、Flickrに幕末のグループが出来ました。新旧の幕末にちなんだSSを集めているのだけれど、その過程で自分の撮った古いSSを眺めていて切なくなったり。なんだり。終わってしまうのは本当に悲しいし、あのSIMでは色々な出来事を経験したし、なんとも言えないけれど、こんなに長い間、SIMをいい塩梅に運営してきた竜馬さんは本当にすごいなーと思うし、本当に色々お世話になって足を向けて眠れません。大変なことは山ほどあったと思うけれど、本当に今までお疲れ様でした。と。




 次男の人の受験な感じも大詰めです。昨日三者面談で志望校について詰めて行ったのだけれど、彼の志望校、現在の彼の学力では圏外の更に外といった感じ。。。今から死ぬ気で勉強しても、奇跡でも起きない限り合格しそうにありません。が、そういう諸々は本人も自覚の上で受験したいというので受験させてみるつもりです。落ちるだろうけど(笑)。だめと分かっていてもやってみないと納得出来ないことはあります。本人が一番納得する形でさきのことを見つめて行きたい。

 今日は娘の個人面談でした。6年生なので彼女も卒業まであと少しなのですが。この子は高学年時代の担任の先生に恵まれたおかげで、3人のうちで一番まともな成績をとっています。3年後、やっぱり選べる学校は多いほうがいいと私も思うので、ぜひこのまま地道に勉強をしていってほしいと思う。彼女はこの夏くらいから明らかにオトナになった感じがしていて、気づけば兄弟げんかも本当に少なくなりました。家のなかが静かです。楽しく賑やかなのは大歓迎だけれど、喧嘩してうるさい状態が、私には本当にとってもストレスだったので嬉しい限り。自分を主張するだけでなく、円滑に進めるために自分がちょっと損をすると思ったことも嫌がらずにする、ということを覚えたようです。その方が自分も周りもずっと気分がよいのだよね。そしてそういう言動は、周囲の人は必ず見ているから、まわりまわって損をするばかりでもないよっていう。こうして少しずつ子育ての作業は終了していくんだろうなあ。。と、なかなか感慨深い。




 12月も目の前になって、RLもSLもクリスマス色が強くなってきました。いい塩梅にクリスマスギフトが作れたらいいのだけれど、どうなることやら。。やりたいことはたくさんあるのですが、気力と技術がなかなか追い付きません。でもがんばる。

blogramランキング
0