ホーイ!サボテン 緑の光 バントラインと僕を照らしていて
 ■Recent Entory
 admin

 ■Category
 ■Flickr
www.flickr.com
taiko McCaw's items Go to taiko McCaw's photostream
 ■Achive
 ■Links

ついったー

 ■Profile
 ■RSS
 ■Ranking
SecondLifeっていう仮想空間の事を書いているように見せかけて、ただの日記。
脳内ストリップショー。別名チラ裏。

お店ブログ→波野家
■涙こぼれても傷つく時にもいいことしかないさ
2014.03.19 Wednesday
ロコ!思うままに生きてごらんよ
足はもつれさせてもいいさ
倒れたとしても やりきれなくても
いいことしかないさ
いいことしかなかった

(ロコ!思うままに / 特撮)


というわけで今年もこの日がやってまいりました。
38歳になってしまいました。
お誕生日おめでとう!わたし!


ごきげんよう、たいこです。


そんなわけでお誕生日。SLでは恋人の人が精一杯祝ってくれました。前日に。
彼は先週までお誕生日を2日ほど前倒して覚えていて、その時に19日だよ!と訂正したのですが……
なんかカレンダーの感覚1日ずれちゃってたみたい。
サプライズやろうとしてかなり頑張った様子が伺えて、(だってたいていINしている時間は私と一緒にいる)
とっても嬉しかったのですが、1日間違えて本気でがっかりしている様子がまた可愛かったりしたのでした。




私が生まれたのは22時26分。母は相当な難産であったそうなので、
38年前の今この時間はおそらく激しく戦っていた時間……なのかもしれません。
母から繰り返し聞かされた「私を産む時は難産だった」話のせいで、
計画出産という言葉には今でもうっすらとした恐怖をおぼえます。
そんな風になっちゃうの、少数だって今では知ってるけどね。

自然分娩だって長引くときは長引くのです。
母は出産にはあまり向いている体ではなかったようで、
どの子供を産むときもそれなりにトラブルがあったようですが、
私はびっくりするくらい安産体質。犬か……というくらいどの子供もつるんと生まれて来てしまいました。

馬や牛の出産シーンを見るにつけ、あんなにごつごつした形状のものを産むのは大変そうだ……と思うわけですが、
一番出産に無理をしているのは人間のような気がします。
人間の赤ん坊が何も出来ない寝たきりちゃんなのは、あれ以上お腹の中で成長させることが困難だから。
体に対する頭の大きさがとても大きいので、
産道を通るぎりぎりの頭のハチの大きさの段階で生まれてくるのだそうで。
それだって相当無理して、赤ちゃんは頭の形を産道に合わせて生まれてくるのです。
産道の直径は8cm、赤ん坊の頭の直径は10cmなのです。

赤ん坊の頭のてっぺんは、骨のない部分があって大泣きしたりするとそこがベコベコと動くのですが、、、
あれは、生まれる時に頭の形を細長くするために、頭蓋骨がくっつかない状態で生まれてくるからなのですね。
なので自然分娩で生まれてきた赤ん坊は、たいてい頭が細長い。
知らないうちに丸くなっていくわけです。

ともあれ、私は母の大変な努力によって38年前に生まれてまいりました。
産道にとどまっている時間が長すぎて、生まれてきた時にはチアノーゼが出ていたと。
更にその時に圧迫された事が原因で、眼球が歪んでいるのですね。
眼球の奇形なんて自分では全然わかりませんが、小さい頃から目はすごく悪かったようです。

話がそれた。

子供は親を選べないといいますが、それでもその親のもとに生まれてきた意味はあると思う。
どういう縁があってか、因果があってか、私は私の両親のもとに生まれて育ってきました。
子供時代のことを思い返すと息苦しい気持ちにしかなりませんが、
そういう環境だからこそ積めた経験値というのも少なからずあります。
それらはすべて今の自分をかたちづくっているものだ。

苦労してきたんだねえ、とか、大変だったんだねえ、とか、そういう事を言われることもとても多いです。
苦労は買ってでもしろっていうのは絶対に嘘だとも思っていたりするのです。
けれども苦労やら大変な思いを自分の血と肉に変えてきたという気持ちはあります。
振り返ってみれば、今の自分からは切っても切り離せないものだ。
だから、大変だった出来事やしんどかった出来事について、恨んだりする気持ちはない。
けれどもう一度同じ思いをしろって言われたら絶対に断るだろうとも思う。

そういう思いを自分がしてきたからこそ、自分の子どもたちには味あわせないように気をつけることができる。
きっと子どもたちだって私に対して思うところや感じているところはたくさんあるのです。
そしてきっと、それは子どもたちが子供を持った時に生かされる。




誕生日は個人的な正月、というわけで、この季節はいつだって来し方を振り返っているのです。
今年は特に長男が中学校を卒業するので。自分の中学卒業の頃の事をよく思い出します。
あの時の1年は、本当に心底ドラマチックであった。昼ドラみたいな。

しかしそのドラマチックさのおかげで、私はいい感じに親離れが出来たのです。
すなわち、親だって自分と同じなんだと。
私が今生きて考えて苦しんで悩んでいるその何十年か先を歩いているただの人なんだと。




30を過ぎたあたりから、あまり目に見えた成長ってのを実感出来ずにいたのですけれども、
なんだか37歳は色々と小さく成長した自分が垣間見えました。
それは、37歳という時期をほぼずっと、見守っていてくれた人のおかげに他ならない。
本当にありがたかったし、すごく貴重な縁であったと私は思っています。
それがあって、今の私がある。

そこにいるだけでOK!っていう絶対的な肯定を、今まで私はされたことがなかった。
正確に言うと感じたことがなかった。
本当はそんなところ、疑う事がおかしいのですけれど。頭ではわかっているのですけれど。
そういう肯定をもらえたこと。それは、本当にかけがえがない。

こういう類の事は、本当は物心つく前に親から当たり前にもらっているべきものなのです。
けれど、いい年した今それを実感したことには、きっと何かの意味がある。
そういうものがとっても大切だと知っていることと、
いい大人になったってそういうものを得る事ができると知った事は、
すごく大きな収穫なのです。そして当たり前にそれを得ていたら、
私はその大切さには気づいていない。

それを踏まえたうえでの38歳。
今の私は絶対的な肯定を知っている。その尊さも知っている。
そのうえで今、目の前にいる恋人の人との関係を作っていくんだなあ、と思うわけです。




38歳の目標は、ちゃんとした大人になる!なのですけれど果たしてうまくいくのかどうか。。。
ちょっと緩みかけているあれやこれやをびしっとアレして、来年の今頃、
「まあ、よくやった」
とか思えるといいな、と思うのでした。

……明日、誕生日よりなにより長男の卒業式なんだけどね。
そっちのがめでたい。うむ。


blogramランキング
0