ホーイ!サボテン 緑の光 バントラインと僕を照らしていて
 ■Recent Entory
 admin

 ■Category
 ■Flickr
www.flickr.com
taiko McCaw's items Go to taiko McCaw's photostream
 ■Achive
 ■Links

ついったー

 ■Profile
 ■RSS
 ■Ranking
SecondLifeっていう仮想空間の事を書いているように見せかけて、ただの日記。
脳内ストリップショー。別名チラ裏。

お店ブログ→波野家
■カンゲキニッキ
2011.02.06 Sunday
ごきげんよう、たいこです。
胸がきゅんきゅんする瞬間や出来事っていうのは、きっと死ぬまであったほうがいいものだと思っております。

今日はずっと楽しみにしていたお芝居を観てまいりました。
真心一座身も心も
きゅんきゅんしてきました。
ここの劇団のお芝居を観たのは今年の夏が最初なのですけれど、今まで観たこともないスタイルの芝居
なのに、すごく懐かしい感じがいたしまして。芝居してる!っていう感じのお芝居でして。私は感動してしまったのです。

あんなに劇場から出たくなくなる芝居も久しぶりだし、あんなに「また芝居やりたいなぁ!」と思わせてくれる芝居も久しぶりでした。俳優さんたちの楽しそうなこと楽しそうなこと。
その楽しそうなことがきっちり観客の楽しいことになっている。そして演劇らしさいっぱいの演出。
舞台の上で早替えをするなんて、観客はドキドキワクワクしてしまうのです。
早着替えをしてあかりがついたらその人はもう別人。制約がおおそうでいて、逆に何でもありなお芝居の醍醐味です。

演出の河原雅彦は天才だと思う。エンターテイメントの天才。舞台の見せ方が素晴らしすぎる。

俳優さんもとても良かった。このシリーズ、毎回陵辱シーンが入るのだけれど、その陵辱シーンは本当に素晴らしかったよ!!!!古田新太の衰えることのない色気はなんなんだろう。ものすごいダメな人なのに愛しくてしょうがなく思ってしまうのは何でなんだ。もう。

千葉雅子の演技も素晴らしいし、それとは対照的なやんわりダメ人間の村岡希美の演技も素晴らしかった。

そして、10年以上ぶりに観る池田成志の、相変わらずの池田成志っぷりに心底安心したりしたのです。でも、よりすごく、より上手になっていたよ。。。舞台俳優は、歳をとればとるだけ凄みが増します。。。ため息が出ました。どの人の演技も。


観ている間は夢中でため息しか出ず(嘘です。かなり笑ってました)、劇場から出た後に泣きたくて泣きたくてたまらなくなって。別れるのがつらい!みたいな。なんだこの片思い。
お芝居初体験がこの劇団であったら、間違いなくお芝居好きになるだろうな。
本当に観ることが出来てよかった。

芝居を観て、チラシの意味を知る。っていう細かいところのつくりも素晴らしかったです。


ああ・・・もう一回観に行きたい。。。でももう終わりなんだよね。残念。

凱旋公演と称して、東京では今月の半ば過ぎにもう一度公演があります。(前進座劇場)
チケットは今日もロビーで販売していたので、興味のある(興味ある人いるのか?)人はチケットを買い求めてみるといいんだ。


そんなこんなで、当然というかなんというか、、、本日の中の人は半ば抜け殻でございました。
もりもり湧き上がる創作意欲はすべて執筆へ向いたもの。

そう。そろそろ本当に、真面目に文章を書いて形にしたいなと思っているのでございます。
セカンドライフやってる時点で難しいんだけどね。時間の確保。

そんなこんなで、この気持が続いたら(というか続いてくれないと困る)メモ帳相手にもしゃもしゃと文章を書き殴る時間が増えるのでしょう。

それは、私にとってはとてもよいこと。

blogramランキング
0